メタボ対策には、食生活の改善と適度な運動が不可欠だとお伝えしていますが、

 

  「実際どのような事を実践すればいいか」「継続できるか不安」という方も多いかと思います。

 

            無理な食事制限はストレスの原因にもなりますし、

 

           日々の生活の中で運動する時間を確保するのも難しいもの。

 

       そこで今回は、難しく考えがちな「食生活の改善」と「適度な運動」について、

 

            私自身が実践していることを交えながら考えていきます。

 

                          

 

            食べる順番を変えるだけでかなり違う

 

                  まず「食生活の改善」というと、

 

                「肉を控える」「炭水化物を減らす」

 

          など特定のものに限定して取り組もうと考える人も多いと思います。

 

      確かにそれは効果的な側面もありますが、継続性という観点からは問題があります。

 

            周りの人を見ていても、一時的に減量に成功したとしても、

 

              それを維持することが困難な場合が多いです。

 

         何かを無理に我慢すると、どこかで負担が生じるのは当然のことです。

 

          では、継続性のある効果的な方法とはどんなものでしょうか。

 

                 それは、食べる量は変えないで、

 

        「食べ物(飲み物)を口に入れる順番」を意識することがポイントです。

 

         というのも当然ながら、体は口にしたものから吸収していきます。

 

            ですので、太る原因となる、脂分や炭水化物よりも、

 

         水分や野菜類(食物繊維)から口にすることが大切になります。

 

         ラーメンを例にとると、空腹時にいきなりラーメンを食べるのと、

 

      水や野菜を口にしてから食べるのとでは、脂分の吸収に大きな差があります。

 

             「べジファースト」という言葉があるように、

 

             体に吸収したいものから口にするようにします。

 

            この考え方から、私は、朝起きてまず水を飲みます。

 

             500mlのペットボトル一本です(夏場は二本)。

 

             そして、食事の時は、野菜、みそ汁から口に入れ、

 

             肉類、魚類、炭水化物などは後の方に回します。

 

             食事の量は変えないで食べる順番を変えることで、

 

             栄養素の体への吸収のされ方に変化が生じます。

 

         また、人は食事の時間が経過するにつれて、満腹感が生じるため、

 

     結果的に最後にとっておいた肉類や炭水化物の量が減っていくことにもつながります。

 

            このように、何かを控えるという発想を少し変えて、

 

           「食べる順番」を意識するように心掛けてみましょう。

                          

                              

         

                 

          食材よりもバランスや調理法

 

    「豚肉は疲労回復に良い」「鶏肉は蛋白質が豊富」など食材にはそれぞれ特徴があります。

 

         当然、健康維持にはさまざまな食品をバランスよく摂る必要があります。

 

          よく、「ボクサーは、鶏肉を食べるからダイエットにも鶏肉がいい」

 

                などという紹介のされ方もされますが、

 

           確かにそういう面がある一方、やはりバランスは大切です。

 

      そして、太る原因は、食材よりもその調理法にある場合のほうが多いと思います。

 

       たとえ、鶏肉や野菜をを食べていても、唐揚げや天ぷらにして食べていれば、

 

                カロリーはどうしても高くなります。

 

                    野菜サラダと言っても、

 

         ドレッシングやマヨネーズをたっぷりつけてしまえばヘルシーとは言えません。

 

            また、同じラーメンでも野菜がたっぷり入ったラーメンは、

 

          脂っこい肉ばかりのラーメンとは体に与える影響が全く違います。

 

             このように、バランスや調理法を意識することで、

 

          特定の食材を控えることなく、自然な食生活が継続できます。

 

                           

 

               心掛け一つで運動になる

 

                    「適度な運動」に関しても、

 

                「なかなか時間が取れない」「継続するのが難しい」という方も多いと思います。

 

                                                 しかしこれも難しく考えず、

 

                             日常の心掛けを少し変えるだけで、簡単に取り組めます。

 

                                     私が意識しているのは「歩く」ということ。

 

           以前、まとまった休みを取って、四国巡礼八十八ヶ所に挑戦したことがあります。

 

                                            いわゆるお遍路というやつです。

 

                               約一か月半かけて、歩いて四国を一周するのですが、

 

                                        一か月半で驚くほどお腹が割れました。

 

                             その期間、食事の量は普段より増えたにも拘らずです。

 

         歩くということが、こんなにもエネルギーを使う行為なんだということを実感しました。

 

                  それ以来、時間に余裕のある時は一駅くらいなら歩くようになりましたし、

 

                            車で2~3分の最寄りのコンビニへも歩いて行っています。

 

         このように、何気ない「歩く」という行為を日常生活に少しずつ取り入れることで、

 

                                            「適度な運動」は実践できます。

 

                    まとめ

 

     「継続は力なり」と言うように何かに取り組むうえで重要なポイントは「継続」です。

 

                そして継続に必要なことは、「無理なく、気軽に取り組むこと」です。

 

                            ご紹介した例のように、考え方を少し変えるだけで、

 

             効果的で継続性のある「食生活の改善」や「適度な運動」が実践できます。

 

           これはほんの一例であり、日常生活でまだまだ改善できる点は多いはずです。

 

         私の取り組みを参考に、皆さんも自分なりの方法を実践していただければ幸いです。

 

                                              ありがとうございました。